DABOGARI OCEAN
ヤノシステムで極力、水換無しに挑む!! 貧乏アクアリスト 初めての方は ■CATEGORY から閲覧ください。 *ソフトコーラルと多数の生体がメインとなっておりますのでご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
少し華やかに。。
PC壊れており、更新できませんでした。。
ハタゴイソギンチャクに続いて、好日性ハードコーラルを初挑戦! 
なんと
ハナガササンゴ
を購入しました。

半年飼育できればプロ級~だって ぷっw(=^‥^=)wムリムリ
ひとまず今日で一ヶ月ですが、触手が増えて、状態維持できている♪
20061231030302.jpg

この2ヶ月ほど、

-自動給水
-餌やり
-フレッシュリッキッド投入


だけだったので、久しぶりに水質チェックしてみました。

KH = 9 dH
Ca = 410 ppm
No3= 0

カルシウムメディア切れ?ハナガササンゴ入れたせい?
かKHが落ちてきてます。。もう少ししたら再度水質チェックしてみましょう。

っとヤノシステムのフレッシュリキッドを窒素排出パイプから投入してます。。
20061231033806.jpg

更に、
20061231033909.jpg
角砂糖でも良い気がするって毎回思います。<^_^;) ちなみにこれ入れなくてもNo3はゼロで抑えられるのですが、嫌気バクテリア活性化させ
サンド濾過の酸化還元
の助力をしてくれていると勝手に思い込んでいるからでした。
(=^‥^=)g

今年もアクア三昧?!な年でしたが、来年はこの状態をキープしながら、ちょっと水槽にアクセントを付けられるソフトコーラルを育てていきたいと思います。
それではアクアリストの皆様良いお年を!

お見合い
カクレクマノミのニモ(メス)が飛び出し事故で☆となった為、お見合い相手を探したのですが、良いメスが見つかりません。。
1.クネクネする柔軟さが欠ける。
2.赤とオレンジ色の混合色でなく、黄色かかっている。
3.スタイルが悪い。
といったブリーダーのカクレクマノミが多いのです。
結局探し回ったところ、国内産の和歌山ブリーダーで一匹だけ良い個体がいたのでそちらを購入しました。
20061108222933.jpg
右のチモと比べるとやっぱり赤色が欠けてますね(=^‥^=)
このままチモ(オス)右がメスになる日も近いでしょう。
っと一緒に入り込んだエイブル♪
安くて可愛かったのでついでに購入しましたが、すぐ餌付きました。

そしてついに ハタゴイソギンチャク を購入
(=^/\^=) チャチャチャ (=^/\^=)
店長に
「沖縄産で丈夫だから水合わせ要らないよっ」
ってオイオイ!
ちゃんと 1h 水合わせしてから水槽にドボン↓
20061108223626.jpg
お~いい感じにまとまりました。

20061108224939.jpg
最初はカクレ達も警戒しましたが、2hで入るようになりました。

ちなみにハタゴは2度目のチャレンジです。
前回は色の良い固体でしたが、フィリピン産で1weekで☆になってしまったので、今回は慎重に選んでみたのですが、
それが裏目に
20061108225531.jpg
(;ё_ё でかい。。
軽く顔を覆うサイズで、カクレ達が本当に隠れて出てこない事もあって、鑑賞に不向きという結末となりました。

分裂してくれたら貰い手をさがしましょっ♪
飛び出し
久しぶりの更新で残念なことがありました。
DABOGARI水槽を立ち上げてから、2年半ずっと共にしてきた、マモ(メス)が、飛び出し事故で☆となってしまいました。
NEC_0003.jpg
チモ(オス)のお見合い相手を探さなくてはいけないです。。とほほ

でもって水槽は順調?!です。リアクターを導入してから
KH = 10dH
Ca = 400ppm
の値をキープしております。
でもガラス水槽の壁面には石灰層が付着してません。^^;;

それから半年振りの掃除をしました。
ほんと、今まで寝る前に餌だけしかやってこなかったので。。。。。。(°°;)\(^--^=)~
換水(1/3)、物理濾過のウール交換、メタハラ球交換を行いました。
20061014170147.jpg
でも本当はリアクター設置したら換水をこまめにやるべきなんですよね。
今年のダボガリ採取
関東も梅雨明けたそうです♪
館山に海水浴してまいりました。

リアクター導入で苔が爆発的に発生する可能性があるので、ひとまず貝類
20060730231021.jpg
砂底の苔を拡散してくれる貴重なダボガリ達です!
っとおもったらシュノーケリングしていたら、でかいダボガリが!!
20060730230841.jpg
これはさすがに水槽には入れられないのでリリースです。
最近海藻類に興味あり!?っで水槽に入れられそうなのを採取してみました。
↓これ何でしょう?
20060730231000.jpg

去年採取した珊瑚イソギンチャク(緑色)が沢山観れました。
今年はとにかくBIGサイズでした!両手いっぱいサイズで。。
でも水中ではさすがに採取できません。
そう!根強く岩盤にくっ付いているので、無理やり取ろうとすれば落ちちゃいます。。。

死滅回遊魚は沖近くに多数いましたが、採取でき不可能に近かったです。冬には☆になっちゃうんでしょうね。。。

後はビール飲んで!釣りして!昼寝して!
年に一度は行きたいですね♪
カルシウムリアクター
とうとうカルシウムリアクターの準備が整いました。
重い腰を上げて はや半年。。長かったです。。
20060723011517.jpg

エーハイム2213(ヤフオク)    \4000
カルシウムメディア(ARM)    \5000
リアクターコンバーター(Cw Converter) \4500
ミドリボンベ5Kg(リース料込み) \7500
レギュレーター電磁弁(ヤフオク) \12000
計 \33,000
となりました。( ёё)

まずはレギュレーターをミドボンにはめ込んでバルブをひねると
「プシュー」
っとガス漏れです。。
ちゃんと工具を使用して閉めましょう!
20060723011605.jpg

そして、2213にメディアを2/3程入れて
DSC07385.jpg

後は海水注入してホース繋いで設置すれば完成(=^‥^)/・°★,.・:♪:・
20060723011808.jpg


15:00~2:00まで電磁弁でONし、
CO2は一発/2秒
排水口は 「0.5秒に一滴」
としました。

上記のカルシウムリアクター設置前は
Ca    KH
375    8

設置後一週間後
     水槽内   リアクター排出海水
Ca    KH     KH
340    8     12

Ca値が下がってきました。
これがどういう事を意味しているのでしょうか。。
急激なKH向上はさせないのが大前提ですが、もう少し排出量を増やしてみましょうか。。
やまさんが体験されているエアー噛みは発生しないようです。
もう少し様子をみてみましょっ!
クーラーのベランダ設置
暑い!とにかく梅雨時期はベトベトして暑いですわ
家で水槽を鑑賞しても、クーラーの熱風「ぶお~~~~~ん」
で鑑賞する気持ちを邪魔します。
そこで思い切ってクーラー外出し作戦決行!

まずは通気溝に塞ぐコルクボードを丸くカットしてはめ込み塩ビ管を繋げていきます。
20060718003635.jpg
ベランダ側からはこんな感じ^^;
20060718003657.jpg


今度はクーラーの電源確保の為に室内用クーラーの配管に延長コンセントを通してあげてっと
20060718003645.jpg


塩ビ管の組み立ても終わり、クーラーをいざ外へ!
「ひえ~~~~~~」
すっかり、忘れてました、クーラーのサーモセンサーコードがある事を。。
20060718003736.jpg
恐る恐るクーラーをベランダに配置してサーモセンサーコードを通気溝を通してみるとなんとかサンプ槽に届きました。 (=^・ヘ^=)
半日以上かかり、大変ですわっ
冬までにはクーラーの防寒用箱を設置せぬば。。。

ちなみに朝起きたら塩ビ管にシールテープを張ってない箇所が一箇所あり、ちょろっと水漏れしておりました。。。。^^;;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。