DABOGARI OCEAN
ヤノシステムで極力、水換無しに挑む!! 貧乏アクアリスト 初めての方は ■CATEGORY から閲覧ください。 *ソフトコーラルと多数の生体がメインとなっておりますのでご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
水槽の調子が。。
水槽の調子が大変悪くなってきている。

1.ソフトコーラル類が小さく、しぼんだ状態になってきている。
2.サンゴパウダーの底砂に茶コケが生えてきている。
3.水面が白い幕のようなものが覆われてきている。

これだけ揃えば間違いなくやばい!!


自作オーバーフロー作業時に水槽に影響を与えた行動を振り返る。

1.オーバーフロー分の海水を足す為に、水道水をカルキ抜きせずに入れた。
2.人口海水の基を入れる時に、その塩が凝固していたのをトンカチで割って溶かした。
3.サンゴ濾材を通販でもらった袋から直接サンプ水槽に入れた。
4.上記3つの状態でサンプ水槽を2日間回した。
5.

思い当たる節はこれらである。
ひとつずつ整理してみよう。
1.
これは間違いなく影響しているであろう。ただ塩素を含んだ水道水でバクテリアが多少死んでもここまで酷くなるとは思えない。
2.
どこかのHPで、固まった塩で換水して水質が悪くなったことがあると言っていた。
賛否両論ではあるが固まった塩を使わないにこしたことはない。
3.
サンゴ濾材は特に問題ない気がする。
以前もこの要領でエーハイムに詰めた事があるので。。
4.2日間回せば問題ない気がする、ただ、1週間回すべきであった。

結論:
水槽の状態としては
亜硝酸は問題ない数値であるが
硝酸塩が異常にあがっている。
20050313140533s.jpg

っということは

アンモニア
  ↓ニトロソモナス
亜硝酸
  ↓ニトロバクター
硝酸塩


のニトロバクターが死滅しているらしい。
これに影響を与える要因が上記の行動のどれかにあるのだろう。

ちなみに正常時の硝酸塩値は
20050313141037s.jpg


20050313141246s.jpg

スポンサーサイト
オーバーフロー水槽で揃えると
今日はサン○リンにいってきました。
そこでちょっとしたチラシをもらってきました。
簡単に説明するとオーバーフロー90cmで水槽を最初っから立ち上げた時の諸費用の参考に!
っということでした。


そのうち自分が120cm水槽で自作で試行錯誤してどれ位浮いてるのかはじいてみようと思います。20050306221529s.jpg

タンクメイト
タンクメイト

<生存者>
デバスズメ 6匹
カクレクマノミ(ペアfrom沖縄)
ヨスジ君
ダボガリ ボス(現在20匹いるヤドカリのボス from 館山で採取)
ソメワケヤッコ(内の静かなるボス)
トゲトサカ(ダボガリ達が枝に止まって鼻くそ ほじってる。。)
シッタカー(from館山美味しそう~ --;)

<他界者☆>
デバスズメ 4匹
フレームスキャロップ
ハタゴ(from東南アジア)
シャコ(from 沖水ライブロック)
ダボハゼ 12匹(from館山)
etcうみきのこ 沖水ライブロックおまけ 

<行方不明者>
うみうし(from沖水ライブロック)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。