DABOGARI OCEAN
ヤノシステムで極力、水換無しに挑む!! 貧乏アクアリスト 初めての方は ■CATEGORY から閲覧ください。 *ソフトコーラルと多数の生体がメインとなっておりますのでご了承下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
誕生しました!
ホント久しぶりの更新です。
2007年4月以来ほぼノーメンテナンスで週一度の餌あげだけでしのいできた水槽をふと見てみるとカクレクマノミが産卵していたのです。
こんな極悪な環境なのに。。
コピー ~ DSC08974


と思って次の日に水槽を覗いたら
卵が無~~~い!
ヤドカリ?かヤッコ?がパックリ食べてしまったのでしょうね。。。
一時の喜びを感じたダボガリオーシャンでした。
スポンサーサイト
カルシウムリアクター
とうとうカルシウムリアクターの準備が整いました。
重い腰を上げて はや半年。。長かったです。。
20060723011517.jpg

エーハイム2213(ヤフオク)    \4000
カルシウムメディア(ARM)    \5000
リアクターコンバーター(Cw Converter) \4500
ミドリボンベ5Kg(リース料込み) \7500
レギュレーター電磁弁(ヤフオク) \12000
計 \33,000
となりました。( ёё)

まずはレギュレーターをミドボンにはめ込んでバルブをひねると
「プシュー」
っとガス漏れです。。
ちゃんと工具を使用して閉めましょう!
20060723011605.jpg

そして、2213にメディアを2/3程入れて
DSC07385.jpg

後は海水注入してホース繋いで設置すれば完成(=^‥^)/・°★,.・:♪:・
20060723011808.jpg


15:00~2:00まで電磁弁でONし、
CO2は一発/2秒
排水口は 「0.5秒に一滴」
としました。

上記のカルシウムリアクター設置前は
Ca    KH
375    8

設置後一週間後
     水槽内   リアクター排出海水
Ca    KH     KH
340    8     12

Ca値が下がってきました。
これがどういう事を意味しているのでしょうか。。
急激なKH向上はさせないのが大前提ですが、もう少し排出量を増やしてみましょうか。。
やまさんが体験されているエアー噛みは発生しないようです。
もう少し様子をみてみましょっ!
クーラーのベランダ設置
暑い!とにかく梅雨時期はベトベトして暑いですわ
家で水槽を鑑賞しても、クーラーの熱風「ぶお~~~~~ん」
で鑑賞する気持ちを邪魔します。
そこで思い切ってクーラー外出し作戦決行!

まずは通気溝に塞ぐコルクボードを丸くカットしてはめ込み塩ビ管を繋げていきます。
20060718003635.jpg
ベランダ側からはこんな感じ^^;
20060718003657.jpg


今度はクーラーの電源確保の為に室内用クーラーの配管に延長コンセントを通してあげてっと
20060718003645.jpg


塩ビ管の組み立ても終わり、クーラーをいざ外へ!
「ひえ~~~~~~」
すっかり、忘れてました、クーラーのサーモセンサーコードがある事を。。
20060718003736.jpg
恐る恐るクーラーをベランダに配置してサーモセンサーコードを通気溝を通してみるとなんとかサンプ槽に届きました。 (=^・ヘ^=)
半日以上かかり、大変ですわっ
冬までにはクーラーの防寒用箱を設置せぬば。。。

ちなみに朝起きたら塩ビ管にシールテープを張ってない箇所が一箇所あり、ちょろっと水漏れしておりました。。。。^^;;
蛍光灯 VS パルック
家にはメタハラ250wしかありません。
休日のの午後に鑑賞しようとしてもメタハラを点けるしかありません。
蛍光灯を点けようと考慮してみましたが、工場の月(メタハラ)の下に設置したのでは意味がありません。
よって左右にスポットライトの設置を試みてみました。
20060718002040.jpg

電気屋で売ってる100wのパルック球とクリップライトを購入!
\3000ちょっとの出費!

更に、このままじゃ白抜けした水槽となってしまうので、青色の薄いアクリル板をジョイフルホンダで購入して取り付けてみると
20060718002056.jpg
大成功~!(=^‥^)∠※パン !
画像では水槽が暗く写ってますが、蛍光灯より明るく、寿命も長いので
良しとしましょ!

左から
100w 250w 60w
等々計410wとなってしまいました。
左右のクリップライトは15:00からメタハラが点くまで点灯させます。^^;
DSC07400.jpg

マグネットポンプで強力揚水
とうとう サンプ水槽からメイン水槽への非力なRIOポンプを卒業し、レイシーRMD-551を装着しました。
20060703004351.jpg


塩ビ管を駆使して接続し、クーラーも購入したので接続し、
試運転してみると
うげっ(;ё_ё
自作サンプ槽のパーティションを無視して海水が氾濫しております。Orz..
さすがマグネットポンプ。。流量が凄くて、計算外でありました。
20060703004415.jpg


さらに、サンプ槽に横穴を空けてないので、塩ビパイプをコの字型にしてマグネットポンプに給水しております。
これが良くないそうです。。by ナチュラル店長曰く
コの字型にするとマグネットポンプに圧がかかり、小さい気泡が発生するそうです。。
20060703004425.jpg

2,3日すればおさまりましたが、最初は原因が分からずに結構悩まされました。

そろそろ採取時期になってきましたね~♪
真鍮
今回は自作での失敗を簡単にご説明します。
恐怖の大魔王が降り注いでから約一年。。
http://nabezou32.blog5.fc2.com/blog-entry-32.html
ここで説明してた様にソフトコーラル類が以前の調子を出してくれずに、原因がわからない状況ですごしてきました。
魚類は至って順調で水質も以前と変わらない数値でした。

がしかし、maatさん & カリスマミウラーさんが
ここ
にコメントを入れて下さりそこで気づかされました。
20051211220004.jpg


そう真鍮です。
塩ビパイプからホースに繋げるには最適な部品なのでこれを
オーバーフロー配管にも幾つか使っていたのです。
ここからソフトコーラルの調子が一気に悪くなっていったのかもしれません。

ダボガリ仮説
1.銅が海水によって溶ける
2.ソフトコーラルが弱る、マガキ貝が死滅する。
3.海水が悪くなる
4.食物連鎖の弱いもの(バクテリア)類から死滅していき大崩壊する。
5.幾ら換水を行っても、以前の調子のよい水槽には戻らない。。

この他にも起因するものが幾つかあるのでしょうが
多分これだと思います。
これ( -ー;)
自作オーバーフロー導入時には徐々にソフトコーラル類が溶ける様に
崩壊していきました。
さてこの部品(ホームセンターでよく売られている水量調整部品)は
真鍮なのでしょうか(~~;おどおど。。。
20051211220017.jpg



金属類が溶けるということは、おそらく砂底には溜まっていると思います。やはりリセットする道しか残されていない様な気がしてきました。
でもこのまま続けていってたらと思うとぞっとしてきます。
お二人に感謝感謝です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。